スタッフブログ

2020.02.05更新

T.K様 初産婦

お産を終えて。

ギリギリ30代での出産。

産後、退院するまでの間に初老を迎えた初産婦です。

妊娠中はこれといったトラブルはなく、毎回「順調ですので御安心ください」と担当Dr.に言って頂けていたので、普通に普通の分娩が出来るのだとしか考えていませんでした。しかし、出産予定日に私を待っていたのは大量破水からの微弱陣痛、和痛注射を経ての緊急帝王切開という、予想だにしない展開…

普通分娩の事は沢山下調べをしていたけど、まさか私がお腹を切る事になるなんて…

お産とは、本当にそれぞれ何があるか分からないものだと身をもって体感しました。

帝王切開の「て」の字も調べていなかった私ですが、医師の先生、助産師さん、看護師さん達のサポートにより物凄く早く回復する事ができ、不意に倍の日数になった入院はまるで「新米ママ合宿」のような日々でした。

明るく頼りになるスタッフさんが多く、回復が早かった分、あれはどうなの?これはどうなの?と赤ちゃんのお世話に関して色々と入院中に試行錯誤させて頂くことができ、退院する頃にはよっしゃー!夜泣きでもなんでもかかってこいやー!という所まで進化する事が出来たように思います。

長期の入院中で色々と勉強させて頂く事ができたので、逆に、帝王切開で良かったのかも…と思えるようになるほどでした。スタッフの皆々様に感謝感謝です!

素敵なお産をありがとうございました!

最後に、皆さん仰っていますが、とにかく、根本さんはご飯がめちゃめちゃ美味しーい!!

腹が減っては戦はできぬです。

毎日三食、栄養ある美味しいご飯からパワーをいただいて、赤ちゃんのお世話&傷の痛みと上手に付き合えたような気が致します。

調理師さんにも感謝感謝です!

 

♪スタッフより♪

思い通りに進まないこともあるお産。

想像していなかったことがおこるお産。

だけど、ベビーちゃんがサインを出してくれたから帝王切開で母子ともに元気にいてくれました。

陣痛を自覚し、フルコースになってしまったことも、もしかしたら選ばれたことだったと、いつか成長の中でしっくりくるのかもしれません。

考える力を持っているママ。

育児が始まると何もかもが初体験ですが、ベビーちゃんをしっかりみていて、自分はどうすればいいか、どうしたいかを考えていました。

退院の頃には、私たちを安心モードにしてくれていました。

わからないながらでも、考えてくれるママは強い。

癒す笑顔を声を味方にして、さらなる進化!を応援しています。

 

投稿者: 根本産婦人科

スタッフブログNEW Babies献立日記
tel:047-396-3363