スタッフブログ

2019.08.28更新

O.T様 初産婦

39週4日で出産しました。

出産前の健診で、赤ちゃんの体重が3000gを超え予定日を過ぎると私の体格では帝王切開もあるかもしれないと言われました。「早めに出ておいで~」とお腹の赤ちゃんに呼びかけていました。

出産する2~3日前から前駆陣痛があり、生理痛のような痛みを感じ、本陣痛と前駆陣痛の違いがわかるのか?と不安に感じていました。定期的に感じ7分間隔になったので陣痛と確信、痛みはまだ生理痛の思いバージョン、病院で内診してもらうとまだ1~2cmほどしか開いておらず「もう痛いのに?」と未知なる痛みに不安しかありませんでした。

痛みは増すのに子宮口は少しずつしか開かず、内診してもらうたびに痛みがレベルアップ最後には痛みのあまり叫ぶしかありませんでした。結局陣痛がはじまってから出産にいたるまで24時間かかりましたが、痛みのつらさから救ってくれたのは、旦那さんが側にいて「ふー」と呼吸を促してくれたり、くだけそうな腰をずっとさすっていてくれたので「1人ではない」と言うことが大きなパワーになりました。

また、最後のいきむタイミングで自分の体が赤ちゃんの状態をイメージでき、今どこにいる、ここまで来てる、もう産まれる、頭が出たと痛みよりも産むことに集中しどこか冷静になったことが印象的でした。

自分の体から人が出てきた時は、不思議で不思議で人間の神秘を感じました。(産む時は赤ちゃんの頭なのか卵を産む感覚でした。)

不思議と生まれてはじめてあんなに絶叫し耐えた出産の痛みも具体的には思い出せず、会陰の縫合のほうが痛かったという記憶が残りました。

産まれた我が子はやはりかわいく、そして3000gあるといわれていた体重も2500gほどしかなく母のために小さく生まれてきてくれた!とすでに親バカになるほどうれしい出産体験でした。はじまれば終わる、終われば忘れる。

たくさんのスタッフの皆さんに助けていただきました!ありがとうございました。

 

♪スタッフより♪

立ち合い出産でご主人がしっかりサポートしてくれましたね。痛みでなく自分の体を感じ、赤ちゃんを感じ産むことに集中するということを自然にできて素晴らしいです。それが陣痛を乗り越えるポイントです。

初めてのお産の場合、陣痛がきたらわかるのか?というのは皆さんが不安に感じることだと思います。未知のことですから不安で当然です。でも大丈夫です!わかります。 不安な時は電話して今の状況を助産師に相談していただいてもいいですし、実際に来院してモニターをつけたり診察して判断することもできます。

初産婦さんの場合、入院の時に結構痛いとおっしゃっていてもお産を終えてお聞きすると、入院時はまだまだだったとおっしゃる方がほとんどです。

赤ちゃんの推定体重は誤差が10%程度はあることが多いです。超音波で赤ちゃんの向きによっても推定体重が正確に出にくいこともあります。

 

投稿者: 根本産婦人科

2019.08.21更新

S.K様 初産婦

先生方も優しく、明るい雰囲気の病院なので、心配はしていませんでした。

お産は覚悟していたよりずっと痛く、いきんでも全然出てこなくてこのまま股にはさまったままなんじゃないかと思いました。

でも夫に腰をさすってもらって、はげましてもらって、出てきたときは本当に感動しました。

今書いている最中も、あの時の痛みと、赤ちゃんが出てきたときの夫の涙目での「ありがとう」が思い出されて、泣きそうになります。夫と赤ちゃんと3人で頑張ったなと思います。

入院生活は、その後の体調や母乳のことでスタッフの方にたくさんお世話になりましたが、いつも笑顔で対応していただけて、リラックスして過ごすことができました。ご飯もおいしくて毎日楽しみでした。

とても快適だったので退院が名残おしいですが、これから夫と2人で赤ちゃんを大事に大事に育てていこうと思います。ありがとうございました。

soto

♪スタッフより♪

ご主人と赤ちゃんと3人で頑張りましたね!赤ちゃんが産まれるその瞬間を家族みんなで迎えられてよかったです。

赤ちゃんはママを傷つけないようにゆっくりゆっくり産道をとおり出てくるので、その時間が長く感じたことと思います。 

 

 

 

 

投稿者: 根本産婦人科

2019.08.14更新

S.K様 初産婦

陣痛間隔が10分間隔からなかなか狭まらず…。

自宅で丸1日痛みに耐えながら体力を温存させ、ようやく5~6分間隔になり病院へ向かいました。

深夜2時に到着し、朝方には産まれるかなと思いましたが、ここからが長いお産の始まりでした。

なかなか赤ちゃんが下に降りて来ず、子宮口も時間をかけてゆっくり開き、陣痛の痛みと格闘しながら助産師さんのアドバイスに沿って歩いてみたり、体勢を変えて、ようやく骨盤に赤ちゃんの頭が入った感覚があり分娩室へ向かいました。

助産師さんのサポートのもと赤ちゃんのために全力を振り絞りました。

30時間を超えるお産でしたが、たくさんの助産師さんからの励ましのお言葉あり、リラックスしながらも頑張ることができました。

無事に産まれてきてくれた赤ちゃんと会えたことが嬉しく幸せな気持ちでいっぱいです。

立ち合い出産はしませんでしたが、分娩室に入るまで旦那さんが隣でサポートしてくれてとても心強かったです。

kari

♪スタッフより♪

長い時間のお産でしたが、旦那さんとともに頑張りましたね!

骨盤の中に頭が入った感覚がわかったとおっしゃっていましたが、自分の身体やお産に集中できていたからだと思います。

そこからはぐっとお産が進んでいきました。

投稿者: 根本産婦人科

2019.08.07更新

T.K様 初産婦

予定日より一週間遅れの出産でした。

バルーンから始まり、促進剤を2日半投与、破水もして頂き出産となりました。

先生や看護師さんのおまじないや、助産師さんのお灸やつぼ押しなど、可能性があるものを色々して頂いたおかげで陣痛が来て、無事、我が子に会えることができました。

不安でいっぱいの中、皆さんに励まして頂き、とても心強く、忘れられない良い経験になりました。

本当にありがとうございました。

tuki

♪スタッフより♪

予定日を過ぎ分娩誘発でのお産でした。

なかなか陣痛が始まらず数日経過していて、不安もあったでしょうし気持ちも少し疲れたのではないかと思いますが、弱音ひとつ言わずに頑張っていた姿が印象的でした。

無事陣痛が来たときは私たちもよしっ!と思いました。

赤ちゃんは自分の産まれてくる時を決めているという話もありますが、本当かもしれないと感じさせるお産でした。

 

 

 

投稿者: 根本産婦人科

スタッフブログNEW Babies献立日記
tel:047-396-3363