更年期障害に対するプラセンタ治療に関して

~メルスモン注射のおはなし~

 

女性の40から50歳代は、女性ホルモンの分泌低下に伴い、ほてりやイライラ、のぼせ、不眠など何となくこれまでにない体調の変化を感じることが多くなります。

この更年期障害に対しては、漢方療法やホルモン補充治療などがありますが、漢方の効果が今一つであるとか、漢方、ホルモン療法に抵抗がある方には、当院ではプラセンタ療法(メルスモン注射)を行っています。

 

プラセンタとは「胎盤」のことです。胎盤には細胞を育て、活性化させるたくさんの因子、栄養素が豊富に詰まっています。プラセンタエキスとはヒトの胎盤から抽出されたエキスの有効成分のことで、このプラセンタエキスを注射することにより、プラセンタが体内にとりこまれ効果を発揮するといわれています。

 

メルスモンは医療用に使われているプラセンタ注射薬で、厚生労働省で医療品として認可されています。

病気の治療として更年期障害の場合、年齢45歳~59歳の女性の方については保険適応になります。費用は普通の治療と同じように保険の範囲内で行います。保険適用の場合、初回は1000円程度、2回目以降は500円程度で週2~3回の注射となります。

また美容目的でも、肌の代謝促進の作用から、しみ・しわの改善、ニキビやアトピー等トラブル肌の症状緩和、また白髪の減少などにも効果が期待されています。

保険適応外の場合、(美容目的等)自費となり初回3300円、2回目以降は1500円となります。

初回は医師の診察がありますが、2回目以降は注射のみでの通院が可能です。(症状の確認のため診察は定期的に行います。)

 

※プラセンタ(メルスモン)注射を受けると献血ができなくなりますのでその点をご承知おきください。お手数ですが同意書を取らせていただいております。

お気軽にご相談ください。

スタッフブログNEW Babies献立日記
tel:047-396-3363