スタッフブログ

2019.11.20更新

I.K様 初産婦

39週5日の出来事でした。夜の9時すぐにチョロチョロっと水が出ているような気がしていて「破水かな?」と思い半信半疑だったので少し様子を見ていると立ち上がった瞬間にドバっと水が出て確信に変わり突然のことでパニックになりつつ病院へ電話をして向かいました。

その日の午前中に健診で赤ちゃんも下がっておらず、子宮口も4センチほどだったのでたくさん動くようにと言われ、帰った後は散歩を2時間、スクワットを繰り返していた日の出来事だったので本当にびっくりしました。

破水はしたもののなかなか陣痛にはつながらず、翌日に促進剤をすることに。お昼ごろまでは軽い生理痛のなものが3分間隔になりましたが、子宮口は変わらず4センチ…。その数時間後には歩けないほどの陣痛に変わっていきました。

晩ご飯の時間には口も聞けず、何も食べられずだた痛みに耐える時間…。母に背中をひたすら押してもらいました。その頃には7センチまで開き少し希望が持てたのを覚えています。その頃から背中から腰やお尻に痛みがうつり、間隔も1分程度に。分娩室にうつり、診察をしながら子宮口が開くのをたただひたすら待ちました。この時間が一番辛かったです。

主人にテニスボールでいきみを逃してもらい、いきみたいのにいきめない…という絶望の中、もう少しで会える…!という喜びもありました。いざいきめる!となった時の解放感といきむたびに増す痛みに叫んでしまうこともありましたが、主人が立ち会ってくれていたため、「えらい、えらい!上手、上手!」と子どものように励まされながら支えてくれました。

最後はもういきむしかない!と思いラストスパートはとにかく「出ろ出ろ!」と祈りながらいっきにいきみました。

産まれた瞬間はもちろん感動しましたが、終わった…という疲労感と達成感が大きかったかもしれないです。(笑)

なにはともあれ、無事にうまれてきてくれた我が子、支えてくれた主人とお産に携わっていただいたスタッフのみなさまには感謝です。ありがとうございました。

iwa

 

♪スタッフより♪

長い時間、静かにがんばってくれました。

ゆっくりゆっくりしたペースでしたが確実にすすんでいきました。

その間も赤ちゃんが元気でいてくれて、うまれたあともすぐ泣いてくれて、親子共によくがんばりました。

元気でかわいいお子さんです。子育て楽しんでくださいね。

投稿者: 根本産婦人科

スタッフブログNEW Babies献立日記
tel:047-396-3363